ガイドツアー

ガイドツアーに参加してローテンブルグを知る

ローテンブルグ旧市街を歩いていると、いたる所、路地や家々に歴史の匂いを感じます。スウェーデン王が宿泊した事を示すプレート、数百年以上前にここに住んでいた家族の紋章。ローテンブルグの案内ガイドと一緒に町を歩くとこれら過去の出来事が現代に蘇ってきます。人気の夜警と供に歩くツアーは必見ですが、その他にも毎日多くのガイドツアーが催行されてます。それらはどれも独創的で参加者の興味を満たせてくれるものばかりです。

ガイドツアーが毎日マルクト広場よりスタートしています

ローテンブルグの歴史や伝説について知っておくべきことはすべて定期ガイドツアーの中で説明しています。90分間市内の美しいポイントの数々を歩きまわります。マイスタートゥルンクの伝説やペヒマスケの使われ方など興味深い話が盛りだくさん。定期ドイツ語ガイドツアーは夏季とクリスマスシーズンは11時と14時の2回、マルクト広場をスタート。英語ツアーは14時、スペイン語ツアーは月、水、土曜日の14時、イタリア語ツアーは夏季のみ11時のスタートです。

夜のユニークなガイドツアー : 夜警、未亡人、そして死刑執行人による案内

ローテンブルグでは夜もで何かを学びながら素敵な時間を過ごせます。夜警、ヴァルヴルガ未亡人、死刑執行人が学習効果のある楽しい市内散策の案内人。職人の未亡人と死刑執行人ツアーは夜警ツアーに加えて新しく設置されたもです。未亡人と回るツアーでは博物館としても使われている中世の職人の家に立ち寄ります。ここで彼女はかつて中世の人々がどのように家庭を営んでいたのかを説明します。死刑執行人は彼の職業体験で見聞きした事を話します。職業柄ちょっぴり血生臭いかもしれません。しかし間違いなく言えることは、夜警と未亡人のツアー同様、子供と一緒でも安心して回れることです。

期間限定ツアー : リクエストツアー

様々な側面からローテンブルグの歴史にアプローチ。町の歴史は余りにも多様に富んでいて定期ガイドツアーだけで全てを伝えることはできません。それを補うために町のライセンスガイドによるリクエストに応じた特別ツアーもしくはある分野に特化した期間限定ツアーも用意されています。例えば ”ライテルレとクリストキンド“ という題目のツアーではローテンブルグ周辺にまつわるクリスマスの歴史や町のクリスマス市の名前に使われている神秘的なフィギュアであるライテルレについて説明します。復活祭期間中はお祝い用に装飾された噴水を訪れます。その際中世における泉の役割と伝統的な復活祭の過ごし方について説明します。両方とも団体で予約可能です。その他に歴史の中のある分野に焦点を絞ったツアーとして”市壁と塔”、”ヘレン通りの貴族館”、”ローテンブルグのユダヤ人”があります。また旧市街の風景をもっと深く洞察するために”絵のようなローテンブルグ”ツアーはいかがでしょうか。年間テーマである”ピトレスク – 風景庭園としてのローテンブルグ”のために二人の専属ガイドをご用意いたしました。もちろん大人だけでなく学校の生徒向けのローテンブルグ案内ツアーもございます。

多言語に対応しています ローテンブルグの市内ツアーはインターナショナル

ドイツ語、英語、スペイン語、イタリア語に加えてポルトガル語、オランダ語、ロシア語、日本語、フランス語、クロアチア語、リトアニア語、チェコ語など世界中から来られるお客様のために様々な言語によるガイドツアーも用意いたしております。リクエストに応じて手話によるガイド案内も可能です。__

[Anzeigen]